美肌トレンド┃進化したビタミンC誘導体配合の化粧水でニキビ抑制

女性

バリア機能を高める

敏感肌になる原因と肌の状態について

女性

敏感肌の人は、肌のバリア機能が低下しており、外からの刺激を受けやすいため、強い洗剤や化粧品を使っただけでも肌荒れを起こしたり、赤みが出たりします。ひどい状態になると髪の毛がすこし触れただけでも刺激になっていしまうことがあります。敏感肌の原因には、間違ったスキンケアや食べ物が関係しています。誤った認識でのクレンジングや洗顔、肌にあわない化粧品を使い続けたりすることで発症します。また、肌の抵抗力が低下する寝不足や不規則な生活をおくることで、肌がデリケートな状態に陥ります。偏食や過度のダイエットを行なうと栄養素にも偏りが出てきます。栄養不足になるとターンオーバーが滞る状態になるため、悪循環に陥るようになります。

身体の外側と内側からできる対処法

敏感肌の改善には、正しいスキンケア方法を身につけることです。肌に合わないものを無理して使い続けずに肌にコンディションに合ったクレンジング剤や洗顔剤を使用することです。乾燥から敏感肌になっている人は、肌の潤いを保つ成分であるセラミドが不足しがちな傾向があるため、洗顔する際に洗い過ぎないように気をつける必要があります。 また、生活習慣の改善です。肌の抵抗力を上げるためにも睡眠をしっかりととり、バランスよく食事を行うことです。ターンオーバーを促すには、ビタミンAが効果的なため、卵やレバー、緑黄色野菜などを積極的に食べることです。他にも、肌の状態を改善するには、アミノ酸やタンパク質を多く含む食品を摂取することです。